OpenBSD で GCC が廃止・LLVM/Clang に移行

タイトルの通り、とうとう OpenBSD 6.6 で、GCC が廃止・LLVM/Clang に移行になったようです。

OpenBSD 6.6登場、GCCの廃止とLLVM Clangへの移行進む

はっきりいって地味なネタ。実際、普通にパソコン使っている限りにおいては、何の影響もでないでしょう。

ちょっと関係するとすれば、Mac ユーザー。

ご存知のように OS X は、BSD(というUnix OS)の上に Cocoa というレイヤーを被せたかっこうになっている。もともとアップルは LLVM/Clang 推しで、Objective-C は、LLVM → Clang という流れでプログラムをビルドする。
世界が Mac だけで完結しているのならこれでもいいのだが、デスクトップPCのシェアは MS Windows の方が上で、Windows 向けに書かれた C++プログラムを Mac 上で動かしたいということはよくある。そのような場合、困ったことがおこることがある。
GCC や Windows C コンパイラにはある機能が、LLVM/Clang にないことが度々あるからだ。
そのような場合は、OSX付属の GCC の使用を余儀なくされるわけだが、今後はさらに使いにくくなるかもってことです。

【参考】Mac で技巧2を使う

windows10 で GCC

windows 環境で GCC を使うとすると、MinGW が有名だが、現時点で、公式には gcc  6.3くらいまでしか対応してない。

もうちょっと最新版が使えないか調べたら、MinGW Distro というのを見つけた。version は驚きの 7.1 。

すぐに使うことはないだろうが、紛れないように記録。

 

 

カッコーはウェブに卵を産むか

将棋ソフトが整ってくると次に欲しくなるのが棋譜だ。

連盟の将棋中継アプリの通信内容からなんとか kif 形式に落とすことはできないか考えてみましたが、がっつり ssl かかってました。

ところで、ssl の筋に入っていく前にアプリはhttp://kak.o.oo7.jp/ShogiLive/ann/iphone.txt というところに GET リクエストを送っている。 “カッコーはウェブに卵を産むか” の続きを読む

Mac で技巧2を使う

また将棋ネタ。
メインで使っている XPS 13 の調子が悪く、ここのところ移動時には MacBook を携えている。困るのは将棋ソフトが充実していない点。

なので elmo (というか YaneuraOu)や技巧2をソースからコンパイルしてみた。

基本的なやり方は、ここここといっしょ。

技巧2の方は、Mac オリジナルの gcc でコンパイルできないので(OpenMP とやらでひっかるみたい)、GCC の gcc49 で置きかえてコンパイル。導入には homebrew より macports の方が簡単のようで、私はそうしました。

 

【Tips!】

$ port search gcc

でインストールできるパッケージを確認。

$ sudo port install gcc49

でインストール。

$  port contents gcc | grep /bin/

でパッケージの実体の path を調べる。私の場合は /opt/local/bin 以下にありました。

$ which gcc

でオリジナルの gcc g++ の path を確認して(私の場合は /usr/bin )

$ sudo ln -sf /opt/local/bin/gcc-mp-4.9 /usr/bin/gcc

$ sudo ln -sf /opt/local/bin/g++-mp-4.9 /usr/bin/g++

で、リンクをはる(※)、という手順。要するに Mac がコンパイルするとき、/usr/bin 以下の gcc を使うので、リンク貼ってそこから gcc-mp-4.9 に飛ばすという理屈。

 

エンジンができたら、将棋ブラウザQ などに登録。無事 Mac 環境下でも強豪将棋ソフトが使えました。

実際の elmo VS 技巧2のバトルは YouTube で。

※‥‥直リンなのでターミナル上で誤操作をするとオリジナルの gcc/g++ が消える可能性もあります。操作は自己責任でお願いします。なお、Mac に不慣れな私もこれをやってしまいましたが、OS X のマイナーアップデートで修復されます。こういうのが嫌な場合は、おとなしく makefile を編集しましょう(コメント欄参照。こっちの方が簡便か)。