Mojave

Mac OS X 10.14(通称 Mojave)では OpenGL が deprecated (非推奨)になったため、現行の HorliX では正常動作しないだろうと思っていたのだが、試しに動かしてみたら、2DViewer や 3DViewer などの主要機能は問題なく動いているようだ。

今のところ、不具合の報告も上がってきていない。
これは deprecated になったというだけで「使ってはいけない」ということではないためと思われる。他に cocoa の機能が大幅に変わったという話は聞かないので、現行の HorliX は Mojave でもほとんど問題なく使えると思います。

 

 

国内ユーザー第1号

HorliX、元々が Horos だったこともあり、今のところ、国外でのユーザーの方が多い。

Ver 1.0.3 になって、開発協力者に近い範囲で国内での普及も意識し始めた。1.0.3 になってからの国内ユーザー第1号は、湘南鎌倉病院の radialist 先生(お名前をお出しするのはなんだか気がひけるので、ハンドルで)。

ご自身のブログにこんな記事も

まったく大変でした そして HorliX

書いていただいた。

有り難い限りだ。

 

(追記)radialist 先生、さらに

HorliX の少しの tips

という記事も書いてくれました。既に OsiriX MD を使っていた場合、データベース(OsiriX Data)を移行させたいと思いますが、その時の手順が書かれています。データベースの読み込みからアルバムの移動のさせ方、さらにサンドボックスしたアプリ一般に関するかなり重要な情報も含まれており、ビギナーからヘビーユーザーまで役に立つ内容になっているかと思います。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

 

新型 Mac Book Pro & HorliX 0.0.2

新型 Mac Book Pro

もともとマカーでもなんでもない私は、HorliX 開発に 12 inch MacBook を使っている(→これは 2018 年当時。信じられないかもしれないが、これでビルドしていた。2021 年現在は もっぱら M1 Mac Book Pro を使ってます)。けっこうライブラリなどにも細工しているので、そろそろビルド時間も気になるようになってきた。また、ビルドが始まってしまうと計算リソース持っていかれるせいか他の作業はほぼできない。

そろそろ限界でしょうか。

こういうときに限って「新型 Mac Book Pro」のニュースが…。

現在の用途に合わせるなら、とにかく速度の出るマシンが欲しい。

となると core i7, 16G メモリ, 512G SSD あたりか。この構成だと ¥302800 だそうだ。やや高い。

core i9 にグレードアップすると¥ 335800。これはさすがに二の足を踏む。

 

HorliX 0.0.2

まだ公開はしてませんが、内部の方も徐々に手をつけています。

ようやくコードに署名し始めたのが大きく変わった点でしょうか。

細かいところでは通知の方式を変更しました。

外見上は特に変わってないと思いますが。

 

 

Horos 3.1.2 リリース。しかし….

最近、Horos の Ver3.1.2 がリリースされた。

開発者の一人としてもインストーラー版の出来は気になるところなので、今日、落としてきた。(なお、ダウンロードは、こちらのページからどうぞ。所定の事項を記入するとダウンロードページの URL が記載されたメールが届きます)

さっそく使ってみると….

 

メニューなどもある程度日本語化されている。が、肝心の 2D ビューアが立ち上がらない…….orz

なんのために日本語リソース提供したんだか。

おそらくインストーラー版つくっている人のチェックミス。

英語圏の人にとっては英語版さえ正常に動けば、確かに問題ないわけですが、日本人としてはちょっと悲しい。

 

horosproject の中の人がいうには、すぐに Ver 3.2.0 をリリースするとのこと。

それまでのつなぎでよければ、HorliX をつかってみてください。

最近は機能も微妙に変わってきたとはいえ、数か月前までは同一のソースを使っていたので、使い心地はそんなに変わらないと思います。

こちら↓のページから落とせます。

HorliX ダウンロードページ

 

OS は HighSierra 以上が必要です。

 

 

OpenGL to Metal 問題

Mac OS X では、次のバージョン(Mojave)から OpenGL が deprecated になるということで、推奨されている Metal 関係をさわってみる。

定番の Hello World を GPU を使って描画させてみる。

本当は、カラーで表示されないといけないんじゃ… と思わなくもないが、ビルドは通っているので一安心。

 

(追記)その後、コードを修正してカラーでも描画できるように修正。
GPU 利用ということでビビってましたが、どちらかといえば以前の windows 系API の描画手続きに近いかな。あれを GPU に直接委ねる感じといえば、ニュアンスは伝わるでしょうか。


参考:『Metal 入門』に簡単なサンプルプログラム載せておきましたので、ご興味のある方は覗いてみてください。

Playground でワンファイルで実行できるので、何やってるかわかりやすいと思います。

参考2:Metal では SIMD 命令がよく出てくるが、これが何者なのかは Arm のアーキテクチャまである程度まで理解を深める必要がありそう。
『Mac で学ぶ Arm アーキテクチャ』シリーズ(PHORLIX BLOG)でその辺まで解説する予定です。
現在、公開しているのは
Mac で学ぶ Arm アーキテクチャ 1-1
Mac で学ぶ Arm アーキテクチャ 1-2
です。


さらに頑張って、(まだ全てのモダリティに対応しているわけではないが)なんとかダイコム(DICOM)も読めるようにした。WL/WW のコントラスト調整はかけてないから、衣服やベッドまで見えてますが(笑)。

app から起動してもかなり、というか超絶速い。

これ、早送りとかしてません。

 

でも、OpenGL というかなり広汎に使われている技術からまだあまり知られていないフレームワークへの突然の移行ってなんか違和感ある。(アップルはよくこういうことをやるらしいのだが)

OsiriX の windows 版移植って誰もが考えることなんだけど、これは OpenGL 使ってこそのこと。各種ライブラリも Metal 対応を検討しているらしいが、すぐに実現できるとは思えない。アップルが Metal 以外認めないということになったら、windows 移植はかなり遠ざかる。

さて、どうなりますか。

 

(追記2)M1 Mac の評判がよく、さらに Metal を用いると画像処理まわりのパフォーマンスの向上が期待できることから、ちょっと慌ただしくなってきた感じです。

私も簡単な3D描画のテストプログラムつくってみました。

Metal 発表当初は懐疑的でしたが、これは移行しないといけないようです。

 

猪股弘明
HorliX, OpenDolphin-2.7m 開発者