オープンソースの光と闇 -光編-

今では HorliX/Horos は、Philips 社の US(超音波)画像も読めるようになったわけであるが、この解決までの道のりが、その経緯を見守っていてくれた人たちから「感動した」とか「不思議な感じがした」と言われることが多いので、ちょっと思うところを書く。

まず、オープンソースにおける開発の特徴に関しては、

伽藍とバザール

というこの分野では基本的かつ必読の文献があるので、一読をすすめる。

 

Linux は破壊的存在なり。インターネットのかぼそい糸だけで結ばれた、地球全体に散らばった数千人の開発者たちが片手間にハッキングするだけで、超一流の OS が魔法みたいに編み出されてしまうなんて、ほんの 5 年前でさえだれも想像すらできなかったんだから。

 

あまりに有名な冒頭の一節。これになぞらえて言うなら、こんな風に表現できるだろう。

HorliX/Horos は破壊的存在なり。インターネットのかぼそい糸だけで結ばれた、地球全体に散らばった両手の指の数にも満たない開発者たちが片手間にハッキングするだけで、超一流の DICOM Viewer/PACS が魔法みたいに編み出されてしまうなんて、ほんの 5 年前でさえだれも想像すらできなかったんだから。


 

問題の発端は、Horos では、Philips 社の US 装置が吐き出すある種の DICOM ファイルを読めない、というバグレポートから発する。(読めない、というかクラッシュする、といった方が適切。それくらいあっという間に落ちてた)

Philips DICOM US が読みにくいというのは、以前から知られていて、例えば

iQ-VIEW(おそらく昔の K-PACS)だと、ファイル自体はなんとか読めるが肝心の画像は

と見事におかしなコントラストで描出される。また、全体のファイル構造も正しく反映されていない。

廃れた感のある iQ-VIEW に代えて、「今でも現役」 weasis でまったく同じファイルを読み込ませてみる。

全体のファイル構造は正しく読み込めているが、一部のシリーズがまったく描画できない。

このような結果のため、Philips DICOM US が読み込みないのは仕方がない、というような見方もあったようだ。

だが、Horos 陣営にとってこれが捨てておけない問題だったのは、OsiriX MD が上にあげたファイルを難なく読み込んでいる事実があったからだ。これはちょいとばかり悔しい。いつかは解決しなければならない問題だという認識は、世界中に散らばった各開発者には漠然と共有されていたと思う。

もちろん、そこはオープンソースコミュニティ。中の人を除けば、開発優先順位が、かっちり決まっているわけではない。

このとき、私の頭の中にあったのは、bug fix 系であれば

① Philips DICOM US problem

② DICOM PRINT problem

であった。

もちろん、機能の独自実装もやりたかったが、どれも手間がかかりそう。となると Horos 本体のバグフィックス。問題は①か②か。ここらあたりの選択は、開発者の好みが出るところ。②はやることが決まっているが、調べることも含めてとにかく作業量が多い。①はバグがどこにあるか特定するのが難しく、作業時間/手間がどの程度かかるかまったく読めない。

 

(続く)

 

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です