【ウマ娘】ライスシャワー【育成】

アニメでライスシャワー人気に火がついた感じだが、ゲームの育成は「難しい」とされている。

・春天(春の天皇賞)または有馬で勝てない

→適性Bであっても「逃げ」でスピード重視、回復スキル多めに育成すると勝ちやすい。
だが「現実のように最終直線でブルボンやマックィーンをかわすライスがみたい」というファンも多い。
理想をいえば、序中盤好位につけ最終直線で固有スキル(ブルーローズチェイサー)を発動させて鮮やかに勝ちたい・・・のだが、なかなか思ったタイミングで発動してくれない。
開発者が発動しにくい固有スキルをわざわざ持たせるとは思えないので、なんかコツがあるんだろうが、はっきりわかっているわけではないようだ。
作戦「差し」で出走するとほぼほぼ発動してくれるが、コレジャナイ感が強い。
作戦「先行」でも「スピード<パワー」のステータス状態だとかなりの頻度で発動してくれるが、このときのスタミナのステータス値のコントロールが難しく、発動しても届かない、発動が遅すぎるということがしばしばおこる。

ただ、「難しい」とされていたのはリリース直後の「スピード重視」育成の影響もあると思う。現在の『根性=燃費』という主張はそれなりに正しいようで、適当に根性ステ盛ってあげると(ラストスパート開始地点が早くなるので)かなり勝ちやすくなる。スピードがSやAあっても根性がD前半〜E後半程度ではなかなか勝てんでしょ、そりゃ。

・最後の有馬を勝ってもURAファイナルのシナリオが中距離になってしまう(長距離シナリオに進ませたい)

→これは解決されている。
URA のシナリオは育成中に出走したレースを参考に決められるので、目標レース以外の長距離戦に出走する。
具体的には、クラシック期のステイヤーズステークス・有馬記念、シニア期の目黒記念・ダイヤモンドステークス・アルゼンチン共和国杯・ステイヤーズステークスだ。
おすすめはクラシック期でステイヤーズ→有馬の連闘。連闘後は体力残ってないと思うがw、直後に体力回復イベントが来るのでその後の日経賞・春天にさほど影響を与えずトレーニングができる(はず)。

目標レースの最終盤に春天・有馬があるので、URA ファイナルズで中距離に進むのは辛い。
逆に長距離に進むと楽です。

ステイヤーっぽく育ててれば、URA 決勝でもさくっと大差勝ちできる。