あったら良いもの ~解決編~

一つ目の「ただし」は、

「AirPlay を使え。ただし、AirPlay は 原則 Mac でしか使えない」

でした。これは問題なし。MacBook Air、iPad、iPhone はありますから、そこからスピーカーに向けて、音楽のデータを飛ばせばよいわけですね。Win でも工夫すれば使えるようですが、話を聞いても理解できなかったので割愛。

次の「ただし」は、こういうものでした。

「AirPlay を使え。AirPlay を使うには、AirPlay 対応のスピーカやレシーバが必要。ただし、AirPlay 対応スピーカには若干問題もある機種があるので Apple TV を使った方がよい 」

ここらへんから、理解が苦しくなってきました (?_?)

単に AirPlay 対応スピーカというなら、少々お値段は張りますが、探せばいろいろでてきます。特に私の用途には、ここらへんがぴったりだと思いました。BOSE だし。

が、この案は速攻却下。なんで?

「通信が安定しないので、購入してから後悔し始める可能性が高い」というのがその理由。確かにレビューにもその手の意見がちらほら。特に、一旦親機で音楽データを受けてから独自ネットワークで子機に同報出力(というらしい)した場合、この独自ネットワークのところに問題を抱えた機種が多いんだそうです。これでは、私の用途に合いません。

で、この路線は捨ててしまって、Apple TV というものを使えと。Apple TV というものがどんなものかわかりませんが、「Apple TV」 +「 光デジタル入力可能なスピーカ」というのが、最終的に勧められたシステム。

つまり、音楽データは

iPhone や iPad > AirPlay > Apple TV > 光デジタル信号 > スピーカ

の順に送られるわけです。確かにジョブズが力を入れていたという Apple TV は、安心感があるし、それに思ったほど高くない(Mac mini くらいすると思ってた)。

これなら良いと思ったんですが、勧められたスピーカがこれ

レビューの評価も高いし、お値段もお手頃。いいんですが、ちと外観が…。私の趣味に合わない。それに

「私の JBL はどうするの?」

相手「それは、その…

今度は、相手が困る番。こうなったら、Apple TV の上に JBL を載っけたい。黒+黒で合うと思うし。

で、出てきた答え(=最後の「ただし」)は、「AirPlay +apple TV  +光デジタル信号を使え。ただし、既存のスピーカを使いたいようなら、DA コンバータをかませろ」というもの。

つまり、音楽信号は

iPhone や iPad > AirPlay > Apple TV > 光デジタル信号 > DA コンバータ > 通常の信号 > 既存のスピーカ

の順に流れます。実際の DA コンバータはこんなものがあるようです。

理解するのに苦労しましたが、最終的にはわかりやすい一直線の流れ。それに Apple TV は未来がありそう。別に持っていたからといってドヤ顔はしませんが。

トータルの金額も思ったより安く上がる。満足。

というわけで、

「あとの配線や接続はお願いね」

相手「……」

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です